お客様とのビジネスを求めて。

会社のあゆみ

1946 昭和21年8月
初代・大谷高治が町田市に板金工事店開業。
1960 昭和35年5月
全国で初めてロールフォーミングによるたて樋を加工・販売。
1966 昭和41年4月
有限会社大谷板金工業所設立。
1972 昭和47年8月
板金加工部に加え、機械工作部併設。特許製品の製作、拡販で板金工事の省力化を推進。
1974 昭和49年10月
大谷板金工業株式会社に改称。
1978 昭和53年9月
オーテー・一文字本はぜつかみ込み工法開発、製造・販売開始。
1979 昭和54年9月
忠生第一工場完成、鉄鋼二次製品の加工部門を移転。
1985 昭和60年2月
忠生第二工場完成、すべての加工部門を移転。
昭和60年5月
大谷工業株式会社に改称。
1987 昭和62年4月
オーテー・一文字の販売実績全国一達成。
1988 昭和63年2月
ステップルーフWジョイント工法開発、製造、販売。
昭和63年12月
資本金1,000万円に増資。
1989 平成元年6月
オーテー・一文字本はぜWジョイント工法開発、製造・販売。
1991 平成3年3月
オーテー・一文字成型ライン増設。
1992 平成4年5月
オーテー・平葺Wはぜ工法開発、製造・販売。
1994 平成6年3月
忠生第三工場兼新社屋完成、本社新社屋に移転。
1996 平成8年5月
オーテー・カンキくん、横窓・ロータイプの自然換気棟製造・販売。
1997 平成9年12月
オーテー・ステップ-13(M・F)キャップレス・ジョイント馳組工法開発、製造・販売。
1998 平成10年2月
オーテー・カンキくん2型、スレート系平版瓦専用の自然換気棟製造・販売。
1999 平成11年8月
ARIES-245Ⅱ型タレットパンチプレス、FMB-8025Wサーボベンダー新設。
2001 平成13年8月
創業55周年。
2002 平成14年10月
忠生第二工場増設。
2006 平成18年8月
創業60周年。

工場・主要設備

■第一工場
敷地面積/1,350m2 床面積/1,600m2
■第二工場
敷地面積/ 560m2 床面積/ 690m2
■第三工場
敷地面積/ 950m2 床面積/1,400m2
■設   備
オーテー一文字本はぜ自動ライン
 3台
オーテー一文字Wジョイント自動ライン
 1式
オーテー平葺生産ライン
 1式
オーテーステップ13生産ライン
 1式
各種ロールフォーミング
26台
役物全自動成型ライン
 4台
棟包全自動ライン
 1台
スリッターライン(5t)
 1台
CNCタレットパンチプレス
 1台
シャーリング(6m、4m、2m)
 7台
コーナーシャー
 1台
油圧プレスブレーキ(250t~10t)
 8台
ACサーボプレスブレーキ(80t、18t)
 2台
各種プレス
12台
アルゴン溶接機
 3台
電気溶接機
 3台
スポット溶接機
 1台
プラズマカット
 1台
  • 会社概要
  • 会社のあゆみ
  • 工場・主要設備

ページTOPへ